バイアグラの正しい使用方法とは

バイアグラは併用薬に注意!

バイアグラ使用方法で注意したいのが、併用薬です。
もし狭心症や心筋梗塞の治療薬であるニトログリセリン系の硝酸剤を飲んでいるのであれば、バイアグラは併用できません。
どちらも同じように血管を拡張させる作用があるため、2つ同時に使うと血圧が下がりすぎてショック状態に陥ってしまう危険性があります。
過去にも併用禁忌薬となっていることを知らずに使った人が亡くなったことがあります。
血圧が急降下してしまい、そのまま倒れて誰にも気づかれずに亡くなってしまう危険性もあるので、ニトログリセリン系の薬との併用は絶対にやめましょう。
医療機関を受診した場合は、お薬手帳や問診によって現在飲んでいる薬をチェックするので、そこで併用してはいけないことがわかり、バイアグラは処方してもらえません。
この場合は問題ありませんが、ネットで自分で購入して使った場合、併用禁忌薬とは知らずに使ってしまうことがあるので注意しましょう。
また、うつ病の治療薬や抗ヒスタミン剤との併用で、バイアグラの効果が減退してしまうこともあります。
バイアグラの正しい使用方法では、必ず食前に飲むようにします。
食事の影響を受けやすい性質の薬なので、食事をしてから飲んでしまうと効果が弱くなったり、全く効かなくなる可能性があります。

バイアグラは併用薬に注意! | 服用タイミングにもご注意を! | 錠剤タイプでも効果に違いあり